カスタマーサービス運営・営業時間変更のお知らせ
未来へつなぐ『SYNCHRONICITY』オンラインフェスを開催したい!の画像
未来へつなぐ『SYNCHRONICITY』オンラインフェスを開催したい!の画像
  • 未来へつなぐ『SYNCHRONICITY』オンラインフェスを開催したい!

    SYNCHRONICITY

  • 幻となった『SYNCHRONICITY』15周年。音楽の未来をつなぐため復活させたい

残り
現在
1,635,000
目標
5,000,000
サポーター
315人
達成 %
  • 2020.5.8

  • アーティストコメント公開 ―第1弾―

    【未来へつなぐ『SYNCHRONICITY』オンラインフェスを開催したい!】プロジェクト、たくさんの応援ありがとうございます。

    今回は、第1弾としてアーティストコメントをご紹介!

    ■CHAI


    ■コムアイ(水曜日のカンパネラ)

    コムアイ(水曜日のカンパネラ)

    SYNCHRONICITYの麻生さんはアーティストの尊厳を大切にして、純粋な好意でブッキングをしてくださっているように感じます。いつもキラキラした目で、楽しみにしてるよ!最高だったよ!と音楽家たちの背中を押しています。
    このサーキットイベントを通じて、自分たちのことを知らないオーディエンスや音楽家に見てもらえるきっかけを、たくさんいただきました。とても感謝しています!


    ■SIRUP

    SIRUP

    音楽文化の素晴らしさとジャンルレスな渋谷の音楽シーンを体感させてくれるシンクロニシティが変わらずあり続けられるように。


    ■社長(SOIL&“PIMP”SESSIONS)


    ■toconoma


    ■塩塚モエカ(羊文学)


    ■青木ロビン

    青木ロビン

    15年続く貴重なフェス『SYNCHRONICITY』
    どうか、また立ち上がり皆さまに希望を与えてくれる事を祈っています。
    毎回進化を止めず、あれだけのアーティストに支援されるのは『SYNCHRONICITY』だからこそだと思います。
    アーティストのオーディエンスの大切な遊び場。
    是非。応援よろしくお願いします。

    スタッフの皆さんも大変な日々を過ごしていると思いますが、健康にまた会える日を楽しみにしています!


    ■THE NOVEMBERS

    「SYNCHRONICITY」またいい未来で会いましょう。


    ■JABBERLOOP


    ■Shingo Suzuki(Ovall)


    ■showmore


    ■cinemastaff 飯田瑞規

    cinemastaff

    『SYNCHRONICITY』には去年に引き続き今年も出演させていただく予定でした。メンバー一同開催を楽しみにしていたし、個人的にも大好きなバンドさん達が沢山出演される予定だったので、マイタイムテーブルを作ろうと思っていた程です。
    演奏する側もお客さんと同じように楽しめるフェスだと身をもって感じています。15周年を迎えられる今回、開催中止になったのは大変残念ですが、また開催される時は是非cinemastaffも出演させて下さい。


    ■山田剛(jizue)

    jizue

    メジャーもインディーズも世代もジャンルも関係なく、でも一本筋の通ったアーティストばかりが集まった、その時代の熱を最もリアルに感じれるフェスだと思う。
    僕達もそこに呼ばれる事で背筋が伸びるし、間違いなく今の音楽シーンに無くてはならないフェスのひとつ。
    どうしてもみんなであの時間、あの場所を守りたいです。
    何卒ご協力よろしくお願いします!


    ■THREE1989

    THREE1989

    THREE1989は前年度、2019年のシンクロニシティに初めて出演させていただきました。
    開催エリア一帯を巻き込んで行われるこのフェスはまさに現在の音楽シーンを一挙に垣間見れるフェスです。
    出演者側の私もいち音楽ファンとしてココロオドル1日でした。
    全く知らなかった音楽との出会い、そして何より普段イヤホンから聴こえてくる音とは異なる体全身で感じることのできる音楽。
    演奏するメンバーや、現場のスタッフ。そして足を運んでくれるァンの皆さんの思いが互いに引き合い素晴らしい瞬間へと変えてくれます。
    現在、音楽にできることはきっと限られています。
    しかし、音楽にしかできない役割があるとそう信じています。
    音楽シーンの未来のために、このような素晴らしい音楽フェスがこの先、何十年も続きますよう心より応援しております。


    ■Shiki


    ■ボロフェスタ 飯田仁一郎

    ボロフェスタ

    どんな形に変わっても、お互い、粘り強く、必死に続けていきましょう。
    僕らのようなDIYフェスを必要としてくれるアーティストやオーディエンスがいる限り。
    ボロフェスタから、SYNCHRONICITYに最大のリスペクトを込めて!

アイテムを選ぶ

レポート

  • 2020.5.8

  • アーティストコメント公開 ―第1弾―

    【未来へつなぐ『SYNCHRONICITY』オンラインフェスを開催したい!】プロジェクト、たくさんの応援ありがとうございます。

    今回は、第1弾としてアーティストコメントをご紹介!

    ■CHAI


    ■コムアイ(水曜日のカンパネラ)

    コムアイ(水曜日のカンパネラ)

    SYNCHRONICITYの麻生さんはアーティストの尊厳を大切にして、純粋な好意でブッキングをしてくださっているように感じます。いつもキラキラした目で、楽しみにしてるよ!最高だったよ!と音楽家たちの背中を押しています。
    このサーキットイベントを通じて、自分たちのことを知らないオーディエンスや音楽家に見てもらえるきっかけを、たくさんいただきました。とても感謝しています!


    ■SIRUP

    SIRUP

    音楽文化の素晴らしさとジャンルレスな渋谷の音楽シーンを体感させてくれるシンクロニシティが変わらずあり続けられるように。


    ■社長(SOIL&“PIMP”SESSIONS)


    ■toconoma


    ■塩塚モエカ(羊文学)


    ■青木ロビン

    青木ロビン

    15年続く貴重なフェス『SYNCHRONICITY』
    どうか、また立ち上がり皆さまに希望を与えてくれる事を祈っています。
    毎回進化を止めず、あれだけのアーティストに支援されるのは『SYNCHRONICITY』だからこそだと思います。
    アーティストのオーディエンスの大切な遊び場。
    是非。応援よろしくお願いします。

    スタッフの皆さんも大変な日々を過ごしていると思いますが、健康にまた会える日を楽しみにしています!


    ■THE NOVEMBERS

    「SYNCHRONICITY」またいい未来で会いましょう。


    ■JABBERLOOP


    ■Shingo Suzuki(Ovall)


    ■showmore


    ■cinemastaff 飯田瑞規

    cinemastaff

    『SYNCHRONICITY』には去年に引き続き今年も出演させていただく予定でした。メンバー一同開催を楽しみにしていたし、個人的にも大好きなバンドさん達が沢山出演される予定だったので、マイタイムテーブルを作ろうと思っていた程です。
    演奏する側もお客さんと同じように楽しめるフェスだと身をもって感じています。15周年を迎えられる今回、開催中止になったのは大変残念ですが、また開催される時は是非cinemastaffも出演させて下さい。


    ■山田剛(jizue)

    jizue

    メジャーもインディーズも世代もジャンルも関係なく、でも一本筋の通ったアーティストばかりが集まった、その時代の熱を最もリアルに感じれるフェスだと思う。
    僕達もそこに呼ばれる事で背筋が伸びるし、間違いなく今の音楽シーンに無くてはならないフェスのひとつ。
    どうしてもみんなであの時間、あの場所を守りたいです。
    何卒ご協力よろしくお願いします!


    ■THREE1989

    THREE1989

    THREE1989は前年度、2019年のシンクロニシティに初めて出演させていただきました。
    開催エリア一帯を巻き込んで行われるこのフェスはまさに現在の音楽シーンを一挙に垣間見れるフェスです。
    出演者側の私もいち音楽ファンとしてココロオドル1日でした。
    全く知らなかった音楽との出会い、そして何より普段イヤホンから聴こえてくる音とは異なる体全身で感じることのできる音楽。
    演奏するメンバーや、現場のスタッフ。そして足を運んでくれるァンの皆さんの思いが互いに引き合い素晴らしい瞬間へと変えてくれます。
    現在、音楽にできることはきっと限られています。
    しかし、音楽にしかできない役割があるとそう信じています。
    音楽シーンの未来のために、このような素晴らしい音楽フェスがこの先、何十年も続きますよう心より応援しております。


    ■Shiki


    ■ボロフェスタ 飯田仁一郎

    ボロフェスタ

    どんな形に変わっても、お互い、粘り強く、必死に続けていきましょう。
    僕らのようなDIYフェスを必要としてくれるアーティストやオーディエンスがいる限り。
    ボロフェスタから、SYNCHRONICITYに最大のリスペクトを込めて!

アイテムを選ぶ